「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の特徴!朝食やお部屋・お風呂・アクセス情報

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」は、東京都豊島区にあるビジネスホテルです。

池袋といえば、ショッピングや飲食店、アミューズメント施設が整っていて、多くの人たちで活気にあふれています。

そんなエリアから程近く、2021年リニューアルオープンの新しいホテルです。

この記事では、JR池袋駅から徒歩約2分の好立地で、1Fにコンビニがあり、何かと便利な「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の特徴についてご紹介します。

また、このホテルの食事や部屋の様子、アクセスや口コミについてもお知らせしますね。

池袋に行かれる方は、是非参考にしてください。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の「ぷるふわパンケーキ」が大人気!

動画は、約1分です。朝食のスタート時間にぴったり合わせています。どうぞ視聴してくださいね。

・・レストランは、おしゃれでゆったりしていて、これなら落ち着いて食べられそうですね。

朝食は、ビュッフェスタイルで、和と洋が各種そろっています。

このホテルのメインメニューは、オーダーを受けてから焼く「パンケーキ」です。
焼きたてを食べられ、「ふわふわ」「やわらかい」など、とにかく美味しい・・と、感想はその一言に集約されていました。

他には、「鮭フレークや梅ひじき、小さい焼きサバなど、いろいろな種類を少しずつ食べられるのが良かった」「スクランブルエッグが美味しかった」・・などの声が上がっていました。

朝食は、2Fの「HEARTH SMOKED GRILL & GALETTE」は、「お洒落なカフェのよう・・」と評判上々です。

朝食会場の「HEARTH(ハース)」は、ランチ、ディナーともに大人気のレストランです。朝食がこんな素敵な場所で食べられるのは、すごく得した気分になりますね!

【朝食ビュッフェの営業時間と料金】(2024.3現在)

【営業時間】 7時から10時まで(最終入店9時30分まで)
【料金】 おひとり1,980円(消費税込)、小学生1,000円(消費税込)未就学児無料 ※ただし大人1名につき1名分のみ

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」のお部屋は?

動画は、お部屋のスタート時間に合わせています。時間は2分ちょっとと長めですが、チェックしてくださいね。

・・ベッドライトが折り曲げができ調節できるのが、便利でいい感じでした。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【お部屋】は、全室15m²以上の広さがあって、ゆったりとしています。ベッドサイドにUSBポート、フランスベッド社製のベッド、加湿機能付空気清浄機、無線LAN設備の環境が整っています。また充電器もありますよ!

部屋に入ってすぐのところに、壁設置型のズボンプレッサーが付いているので、特にサラリーマンの方は、うれしいですね。

空調がよくある全館一括管理ではなくて、客室ごとの個別空調です。結構一括管理を敬遠する人いますから、そんな人にとっては、いいですね!

パジャマは、上下のボタンタイプです。
フロント近くにアメニティバーが置かれていて、歯ブラシ、ヘアブラシ、ボディータオル、ひげそり等は、そこからもらってきます。

ミネラルウォーターがお部屋に用意されているのは、良かったあ~、となりますね。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【部屋一覧】は、全室15m²のゆったりした広さです。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」のお風呂は、白が基調でおしゃれ!

動画は、45秒ほどです。お風呂のスタート時間にぴったり合わせています。どうぞご覧ください!

・・いかがでしたか? バスタブは、独特の楕円型で横幅があります。

バスタブの形が可愛い、と女性から好評でした。

内装が白で、バスタブ、洗面台、トイレも清潔感のある白で統一されていています。シャワーフックが上下に調節できるので、お好みの高さで使用できますよ。

ユニットバス、洗面台とコンパクトにまとまっていて、明るく、洗面ボウルが四角い形で、使いやすいです。

バスタブには浸からない・・という場合は、シャワーのみというプランもあり、こちらはトイレとシャワーが分かれています。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【お風呂】は、シャンプー、トリートメント、ボディソープは、花王の製品で、ヘアドライヤーは、人気のイオニティ(パナソニック製)です。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【朝食】のサラダは、HEARTH(ハース)のオリジナルドレッシングです。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の地図・アクセス

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【地図・アクセス】は、

【電車での行き方】

「池袋駅」東口(南)38番出口より徒歩約2分
「池袋駅」東口(中央)より徒歩3分
「池袋駅」41番出口より徒歩約2分
「池袋駅」40番出口より徒歩約30秒(夜間は通行できません)

東方向にグリーン大通りを進み、池袋駅東口交番の先を右折し、左側のAOKI を通過し、右折した前方左側がホテルです。

【車での行き方】

最寄りのIC
首都高速5号池袋線「東池袋出口」から約5分
首都高速5号池袋線「護国寺出口」から約7分

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の実際の口コミ

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【実際の口コミ】では、「パンケーキがふわふわでおいしかった」という感想が多数を占めていました。このホテルのパンケーキは、オーダー後に、焼くのを売りとしていて、高い人気を集めています。・・食べてみたくなりますね!

2Fの朝食会場の「HEARTH(ハース)」が、「おしゃれ」という声が多かったです。

次に、池袋駅から徒歩2分という近くて便利な立地の良さでした。
荷物を持ちながら歩くのは負担なので、駅から近いというのは、魅力ですし、ここを外せない人も少なくないのではないでしょうか?

ホテルの1Fにコンビニがあるのが、「便利でよかった!」「重宝した」という声がとても多かったです。コンビニに、いつでも行きたいときに行ける、使い勝手のよいホテルです。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」のプラン一覧

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」の【プラン一覧】は、タイプ別にたくさんあります。
個人の宿泊やお友達との宿泊に合わせて、ピッタリのプランを選んでください。

特に【アーリーチェックイン(素泊まり)】は、このホテルならではのプランで、13時チェックインOK!です。

また、東京都への旅行は飛行機を利用すると便利です。
お得な「ANA楽パック」や「JAL楽パック」もありますので、旅行全体が格安で行けますよ。

「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」のまとめ

ホテル名 DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel
(読み) でる すたいる いけぶくろひがしぐち ばい だいわろいねっとほてる
特 色 「池袋駅」東口(南)より徒歩2分。繁華街にありながら静けさと上質さを感じる空間でお迎えいたします。
料 金 7200円~
住 所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-20-8
電 話 03-6811-2880
FAX 03-6811-2881
最寄駅 池袋
アクセス 「池袋駅」東口(南)より徒歩約2分・「池袋駅」40番出口より徒歩約30秒(夜間通行不可)
駐車場 なし
投稿件数 296件
★の数 (総合): 4.06
楽天ウェブサービスセンター

この「DEL style 池袋東口 by Daiwa Roynet Hotel」は、東京都豊島区にあります。
池袋駅東口より、徒歩約2分と好立地です。

朝食は、和洋のビュッヘで、ホテル2Fの「HEARTH(ハース)」というレストランです。
雰囲気がおしゃれで、カフェのようです。

ふわふわのパンケーキは、このホテルの看板でもあり、絶賛されるほど人気で、食べてみる価値が大いにあります。やはり女性に人気が高いですが、男性の方もぜひ召し上がってくださいね。

お部屋は、全室15m²以上あります。
お風呂は、白で統一されていて、清潔感があります。楕円形のお風呂は、形が可愛らしい、と女性に好評でした。

ホテルの1Fがコンビニなので、とても便利だという声が多かったです。
周辺には、飲食店も多いので、食べることには全く困ることはありません。

ホテルから池袋西武もすぐなので、ショッピングも楽しめます。

西武池袋線寄りなので、スタジオツアー東京やベルーナドームの利用にも便利なホテルです。
また、池袋駅東口から東京ドームシティにもバスで、のんびり行けます。

それでは、笑顔いっぱいの旅行を楽しんでくださいね。

この記事を書いた人
なずな

「旅する和みのエッセンス」は、観光スポットや心地よい宿を織り交ぜながら、旅先のエッセンスをお届けします。日常を離れて心がほどける癒しを・・和の空気に包まれた、心に残る旅路をふんわりと楽しんでいきましょう。

なずなをフォローする
ホテル
なずなをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました